pasha bashaのブログページ


2018.11.22商品

 
pasha bashaのボディハンガーをご存じですか?
他にはないエアー式のハンガーです。
 



pbハンガー.jpg




1番の特徴は・・・
ボディハンガーに干して乾かすと
面倒なアイロンがけの手間が省けるということ♪



 
pasha bashaのお洗濯では脱水5秒。
水分がしっかり残った状態で干すので、
お水の重さでシワが伸びた状態で干し上がります。



 
お洗濯は簡単なのにアイロンがけに時間がかかると
自分で洗濯するのも面倒になりますよね。
 



pasha bashaならパッと洗えてバディハンガーに干せば、
翌日にはそのまま着用して出掛けられますよ。



 
それだけじゃなく、エアー式なので手軽に持ち運べて
旅行の時にも便利です。
 


_DSF1506.jpg




ホテルでコートやジャケットを掛けておくだけでなく、
旅行中の洗濯にもおすすめです。
旅行中に洗濯してまた着用できるので、
荷物も少なくて済みますよ。



 
明日から3連休ですね。
pasha bashaトライアルとセットで用意しておくと
バッチリです☆
 


_DSF1492.jpg
2018.11.15

 
こんにちは。
pasha bashaスタッフのmiyaguchiです。



 
ニット帽のココ↓
 


ニット帽①.PNG
 


気になりませんか?



汗をかいたり、お化粧がついたり。
そのまま被り続けると臭いも気になりますよね。
 



pasha bashaなら気になる汚れを
ブラシでトントン♪とシミ抜きをして、
後は5分間のつけ置きとすすぎ1回で
お洗濯終了です。



ニット帽②.PNG


ニット帽③.PNG 



簡単で時間もかからないので、
汚れが気になった時にパッとお洗濯できちゃいますね。
 



タオルを丸めて詰め込んで乾かすと
型崩れの心配もありません。



ニット帽⑤.PNG 



ニット帽④.PNG




アクリルなどの化学繊維の帽子なら
乾きも早くて翌日には被って出かけられますよ。
 



お洋服だけでなく帽子もきちんとケアしてあげて下さいね。
 
 
 
2018.11.09


「衣替えで出したセーターが黄ばんでいた・・・」
「着る予定だったのに、何回洗っても黄ばみが取れない・・・」
そんな悩みをお持ちの方


 
そのお洗濯だと何回洗っても落ちませんよ!!
それは・・・お洗濯方法が間違っているからです。
 



黄ばみになる前の汗の段階であれば
通常の廻し洗いで落とすことができますが、
黄ばみに変質してしまうと洗剤だけでは
落とすことができません。
 



黄ばみや定着した頑固なシミを落としたいときは
「漂白剤」を使って色素を分解しましょう!



 
色柄物にも使用できる「酸素系の漂白剤」は
穏やかに作用するため、色素を分解するまでに
時間が掛かります。



 
長時間のつけ置きは衣類へのダメージになりますので、
様子を見ながら時間の調整を行って下さい。



 
汚れに種類があるように、汚れの落とし方も様々です。



 
シミや黄ばみを落としたいけど、落とし方が分からないという方は
ぜひpasha bashaお洗濯相談室をご利用下さい。
 



クリーニング師の資格を持ったスタッフが対応させて頂きます。
皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。



pasha bashaお洗濯相談室
0120-655-848



 
pasha bashaでお洗濯して衣類を収納すれば黄ばまないので、
大切な衣類も黄ばみで悩むこともなくなりますよ!!





_DSF1662.jpgのサムネイル画像



2018.11.02


11/1発売の
ママになっても、自分らしく/おすすめ子育てグッズ、収納・お手入れ特集
"tocotoco"様にpasha bashaが掲載されました。
 
tocotoco1.PNG

https://www.tocotoco-mag.com/
 
ベビーと暮らす家の収納&お手入れ術をご紹介するページで、洗濯編の中の親子にやさしい衣類ケア用品の1つとして紹介されました。
 
pasha basha以外にもこだわりのグッズ類などが多数紹介されており、ママさんでなくても、本物志向のpasha bashaご愛用者様にもピッタリの1冊だと思います。
ぜひ、ご覧下さい。

tocotoco2.PNG
 
2018.10.17商品


こんにちは。
pasha bashaスタッフのmiyaguchiです。



 
朝晩は寒くなってきましたね。
ついに衣替えのシーズンです。



 
衣類にとって"汗"はとても厄介な存在です。
汗は透明なので、汚れていても見えません。
洗ったつもりでそのまま仕舞うと、時間の経過と共に
酸化して黄ばみになってしまいます。
この時期の衣替えは特に、汗汚れに注目して
お洗濯して下さいね。
 



襟や袖口、食べこぼしのシミなど
汚れが濃くついている部分はパシャバシャブラシで
先にシミ抜きをして全体のお洗濯を行いましょう。
 



パシャバシャブラシの特徴は生地を傷めにくい!!
そのヒミツは・・・
着物のシミ抜きの際に使用されている
馬毛を使用したブラシだからです。
 



擦れる素材の衣類は、ブラシで一定方向に
擦ってシミ抜きをします。
擦れない麻・テンセル・シルクなどの衣類は
軽く叩いてやさしくシミ抜きを行って下さいね。
 



歯ブラシは生地を傷めるので、お勧めはできません。
衣類を長持ちさせるためにも、汚れは定着する前に
衣類に負担を掛けずに落としておきましょう。
 
 


_DSF1584.jpg

Hello! pasha basha.
  • pasha basha Dry
  • pasha basha Soft
  • pasha basha Hard
  • pasha basha Body Hanger
  • pasha basha Brush
セット販売
国家資格であるクリーニング師が対応いたします。
本当のお洗濯を、一人でも多くの方へ。

毎日のように行うお洗濯。その洗い方が実は汚れを落としきれていなかったり、逆に衣類を傷めていたとしたらとても残念なことです。pasha bashaは洗剤を届ける企業として、正しいお洗濯をお伝えすることも大切な使命だと考えています。製品のことや衣類、アフターケアに関するご質問など、なんでもご相談ください。

[pasha bashaお洗濯相談室]フリーダイヤル 0120-655-848

Hello! pasha basha.

  • pasha basha Dry
  • pasha basha Soft
  • pasha basha Hard
  • pasha basha Body Hanger
  • pasha basha Brush
セット販売
国家資格であるクリーニング師が対応いたします。
本当のお洗濯を、一人でも多くの方へ。

毎日のように行うお洗濯。その洗い方が実は汚れを落としきれていなかったり、逆に衣類を傷めていたとしたらとても残念なことです。pasha bashaは洗剤を届ける企業として、正しいお洗濯をお伝えすることも大切な使命だと考えています。製品のことや衣類、アフターケアに関するご質問など、なんでもご相談ください。

[pasha bashaお洗濯相談室]フリーダイヤル 0120-655-848
受付時間

ページトップへ